280.岡山の夏目金之助(漱石)


前半は横山俊之。漱石が学生のとき、岡山に1ヶ月近く逗留した片岡家や義姉が嫁いだ岸本家、又、洪水で避難した光藤家離れの経路を探る。後半は熊代正英。漱石の愛弟子・湯浅廉孫を取り上げた。

ISBN : 9784821252800

タグ:

岡山文庫新刊のご案内
新刊(年間2冊×2回)
岡山文庫おすすめ

© 2015 by NihonBunkyo All Right Reserved

サイトを快適に使うために、以下のブラウザーでのご利用を推奨します。
なお、セキュリティー的な観点から、ブラウザーやOSの自動アップデートを有効に設定して、最新版をご利用ください。詳しくは「自動アップデートについて」をご覧ください。

Windows​

  • Microsoft Edge

  • Google Chrome(最新版)

  • Mozilla Firefox(最新版)

Macintosh

  • Safari (最新版)